言葉
ウィキペディアで検索すると、

言葉(ことば)は、人間が話す・書くなどの行為をする事によって情報の伝達手段となりうる、意味があるものの総称。心・気持ち・思い・考え等を表す手段の一つである。学術的分野では「言語」とも称されるが、日本語で「言葉」というと、言語の中で用いられる語を意味することも多い。

とある。

人と人とが使う情報の伝達手段、てこと。

それにしても、

私は40 数年もの間、日本の言葉を使い生きてきたが、

気持ちや思いを誰かに伝えるの、て簡単じゃないな…。とつくづく…。

同じ言葉でも微妙に違う印象や全く違う意味に捉えることができる。

プライベートでは、言葉にしない言葉をその場の空気に乗せて送り、

受け手が微妙なニュアンスの中でその想いをキャッチし、

それによって関係性が繋がる。その為か、「意思の疎通」なんて言葉も

大切にし、より深く繋がったりする。

でも、公な場では比較的きちんと言葉にし、短く端的に、

そして正しく伝えることが必要だとも思う。

「そんなつもりじゃない」とか、「そんな事言っていない・聞いていない」

なんて事のないように、言葉にし伝える事が望まれる、て事。

大切なスタッフとのやりとり。

それに、多くのお客様との毎日の会話や、修理内容などのご説明をさせて頂く際。

この「言葉」について、

悔しいくらい、自分の引き出しの無さや歯がゆさを感じる今日この頃…。

余分なコトを言ってしまったり、言葉が足りなかったり、

反省するコト、ばかり……σ^_^;

そんな私は、ある書店でこんな本が目に飛び込んできた。

 大学病院の教授が日本の言葉についての本、コレも気になる(笑)

読んでみよう!!

言葉      ことば    ー☆
人は言葉によってコミュニケーションをとり、関係性を深める。

どうせなら、言葉を大切に使う人達の中で生きたい。

そのためには…先ず自分だな。

もう少しキレイな言葉を、大切に使いながら過ごせる自分になりたい。

いや、なろう。   

沢山の大切なお客様方に、少しでも小さな時計屋の 想い を届けられる様に……

テル