視座

本日、土曜日。

週末は商売していたら忙しい。それはある意味当たり前の…

いや、

そうでなくては成り立たないし(笑)

当然、困る訳で…(^^;;(笑)

そんな中、朝からどうしても行きたかった「約束の地」へ…(^^;;

実は、今朝の徒歩通勤中。

ナゼか分からないけれど、

君が代の歌詞の中にある一節の意味が知りたいと想った。

スタッフに急遽、わがままなお願いをして、

ダッシュで行かせてもらうことになった、という事には

意味がありました。

本日の「約束の地」熱田神宮で、講師の先生の口から君が代の話が…。

驚いた!!


講演が終わり「来てよかった」と思えた瞬間、

店を思い出し早々にダッシュで名駅に戻りました。

毎日いろんなことが起きるけれど、全ては偶然か?の様に見えて

必然なんだ!と改めて感じることができた。そんなひとときに、感謝。

アンテナ立てて生きよう!なんて事をここ数年感じて過ごしていた私にとって、

今日の熱田は、行くべきして行ったんだと想えた。

小さな時計屋にお越しくださるお客様それぞれの気持ち、立場。

必死でこなしているスタッフそれぞれの気持ち、立場。

店の代表として責任を持つ私の気持ち、立場。

全てに意味があり、それぞれの立場に役割がある。

いろんな角度から物事を捉え、時には視座を変えてものを見、

捉える。ということの大切さを感じ、またそれを、気づかせいただく。

そんなお叱りのお言葉もお客様からしっかり、いただきました。

お叱りの言葉さえ、ナニカ必然のタイミングだったのかもしれません。

常にいろいろな視座に立ちものを考える

そんな癖をつけると小さな時計屋はもっと成長できる。

そう信じ、明日からまた精一杯!!

過ごそうと思う夜。
有難うございます。

テル