衆議院会館 in TOKYO

歴史ある日本の心と伝統を、文化芸術発信と共に日本に世界に、

エネルギーを京都から発信し続けてみえる黄檗売茶流 のお家元 中澤弘幸 さんが

塾長 を務められ、年に数回開催される 文化政経塾「MIRAI」に参加させて

いただく為に東京まで行ってまいりました。

前回の「経済」に続き今回は「政治」から見る未来。

いや、未来を創るための「今」を学ぶ時間。

衆議院議員、参議院議員の先生方もいらっしゃる中、政治について、

学生、教員、大学教授、経営者、会社員、皆が混ざって話し合うスタイル。

他人ゴトから、自分ゴトへ。当事者になり参加するコトの必要性が急務である現状。

若者の話の中で、今世界中で問題になっているプラスチックゴミの問題を知り、

「週に一度プラスチックを使わない、プラスチックに触らない日を作る」

「休肝日」ならぬ、「休プラ日」を自ら実行している若者の話が出ました。

歯ブラシは竹製のものを使い、歯磨き粉は使えない、水が買えない、あれができない

これできない、と気付きながらそして何よりも、不便を感じながら。

それでも週に一度その活動を続けているとのこと。

「すごい!! 」 一人が変わらなければ日本も人類も変わらない。

この「仕組み」て何事も同じ。

仕事も、家事も、恋だって、なんでも他人事と思っていたらバランスを崩す。

塾長の中澤お家元がおっしゃいました。

「ボクシングだって高校野球だって、その会の会長は当事者の学生がやればイイ、

大人はそれを責任持って支えるサポート役に回ればイイ。」

実際は、いつまでもそのスポーツをしない老人会がいつまでも幅効かせている。

コレっておかしいよね。て話も。

政治。経済。それに自社に例えても、本当にみんな同じ。

後継を育てずいつまでもしがみつく大人達の中で、何も知らず

させてもらえず育つ若者達。

結局のところ。

「自分達のために、自分達がやる。」

シンプルに言えば、コレに尽きるのでしょうか。

それにしても貴重な経験でした。 「機会均等」平等の世の中に感謝。

なんだって他人事ではなく自分事にして生きたいモノです。

ありがとうございます!

てる