自然の中で

黒川、小国、南阿蘇、大自然いっぱい。

とても大きく、優しく、そして強く在る 阿蘇に触れました。

40代で突然両手を失い、そこから本気で輝きだした大野勝彦さんの

作品たちが待つ美術館にも行かせていただきました。

(ご本人とはすれ違いで岐阜に入られているそう)

大きな大きな愛に包まれ、自分の無力さと、小ささを、実感。

地に足をつけさせていただいた気がします。

何にもできないけど、でも、やっぱり少しでも、誰かに喜んでいただく

事の出来る存在で在りたい。

阿蘇を訪れることがあれば是非、大野勝彦さんの風の丘美術館。

是非おススメです!!

きっと少し…普通の毎日が、変わります。

「当たり前は有り難いコト」と気づかせてくれる場所。

今年も行けて良かった。

ありがとうございます。

てる