聖域とは
ウィキペディアではこう記されている……

 聖域 – Wikipedia
聖域(せいいき)はいろいろな意味に使用される用語である。 聖人の域。聖人の境地の こと。 神聖な土地・地域。犯してはならない区域。比喩的に、手を触れてはならない分野 。 神や聖なることに関連する場所で、神奇や神の気がおきたり、神がいる場所。神域。

昨夜、少し前に録画したまま見ていなかった番組をみたσ(^_^;)

「リーダーシップ論。」

同じ職種では無いから直接使えるわけでは無いが、

ずいぶんヒントをいただいた気がする。

その番組の中で、「 自分の聖域をもつ」 事の大切さを語って

いる場面が印象的だった。

例えば、瞑想する時間や空間。山や海でも、近所の公園でも、

またはカフェでも、どこでもいいのだそう。 

 自分が自分に戻れる時間、場所、をもつ事が成功に近づく為の

大事なポイントになるなんて、少し驚いたσ(^_^;)

 

聖域と言えば私にもある「 特別な森 」 

何だか急に自分の聖域に、会いたくなってきた (#^.^#)  
テル