立春(旧暦の正月)

24節気のひとつで旧暦の「正月」にあたる今日。

今日は、小さな時計屋の大切な腕を(技術) 守るためにも、

修理責任者を意味あって休ませた。

元旦と立春。これら「年の初め」くらいは、

普段 全力で走り酷使しているウチの宝物の「技術」は使わず、

イスラエルの「シャバット」の様に、

仕事(技術を使う事)をしないで、仕事に対する想いや心を養うための

ナニカと繋がり、そのナニカを感じてくれる1日を過ごしてほしいと、

心からそう想っていた。

 それが……。

そうはいかないです………。気づけば、また、やってしまいました…。

どうみたって私の方が声も態度も大きい!しかも特大3L!

自分でも、分かっているんです、、、、(・_・;

ただ………。

 「小さな時計屋」てどんな集団?

「ウチはこんなチームですよ!」てとこまでは、

スタッフ全員が常に共通認識していたい、と想う。

私わがままな自己中だな〜、元々そう自覚しているし、

それが時にはプラスに、時にはつまずく石ころになる事は

知っている。

私はナニカを焦っているのかな… 。  焦っても仕方ないのに…。

大切な区切り、そして新たなスタート、の大切な1日を

こんなカタチにしてしまった…。ケチョン…(-_-)

これもまた然り、て事か!?

私には、落ち着いて、静かに、耳を傾ける余裕が無いのか?

「傾聴」て言葉が浮かんだ。

「大丈夫、真は繋がっているから。」………そう想いたい夜。

未熟な経営者で、ホント面目無い。

もっと本を読みます!

もっと努力します! 

もっと勉強します!

言ったらやります!

だからどうか見守ってください、

どうかこの気持ちをスタッフに届けてください、

そう夜の空に祈った……。

「反省と目標」て言葉はやめたんや、そう、「過去と未来」!!

明日こそはあたたかい空氣に包まれ笑顔いっぱい過ごそうー☆

テル