秋の気配

ご縁あって岡崎市のちょっと(?!…いや結構) 奥の方まで行かせていただきました。

街から入るとそこはもう…まるで別世界。

普段、名古屋駅界隈に身を置き、ほとんどをそこで過ごしている私にとって、

眼に映るものが全て新鮮に感じましたよー。

瑞穂の国「日本」に、日本人として生まれることができて、幸せだ!!と

心から想える瞬間〜ッ(笑)


目からは、秋を感じさせてくれる稲穂が黄金色に染まり、周りの緑の中で輝いて見えた。

綺麗な景色の中に、田畑があり、木造の歴史を感じる家々が並び、それが妙に新鮮。

耳からは、自然のそよ風と小鳥の唄〜、そして時折そよ風に誘われ稲穂がサラサラ〜と

静かに音を立てる。

鼻からは、 土や森の落ち着く自然界の香り。

蛇を二匹も見たと、衝撃を受けていたお方もみえました (苦笑)

いやーぁ、いいですねーホント!!

名古屋駅にいると、高いビルばかりに囲まれ、いつも高いところから

見下ろされている様に、自分がいます。

風は自然というよりビル群が創り出したビル風〜、

耳には街中を走り抜ける無数のタクシーやバイクのエンジン音。

当然香りは排気ガス。   お月様を見つけるのも、ビルの隙間。

それがいつの間にか当たり前になってしまっていたと、

気づかされました。ひらけた矢作川沿から見えた西陽が、

とても綺麗に輝いていました。

少し離れて、物事を見ると、こんなにも違った世界が広がっている。  

日常のあれこれもきっと全ては、視座を変えて見てみたら

全く違う視点で物事を感じるのだろうなぁ〜ッ(๑˃̵ᴗ˂̵)//

そう、見えることばかりに意識を向けずにこの美しい景色を

いつだって意識していたいものですね〜〜☆   うーんッ幸せ!!

今期も残すところあと3日!!終わりは始まり。

新しい期をスタートする準備が着々と始まっています。

SHALOMー☆

てる