時計金属ベルトの修理

時計の金属ベルトの修理依頼が多い1日でした。

( オメガ ベルト破損修理 )

ご依頼の多くは、

ベルトの駒の間のピンが錆びて折れてしまったり、

ピンが痩せ、抜けてしまったりしているもの。

また、留め金(バックル部分)のプッシュボタンの不具合で、止まらなく

なってしまっているもの。

が多く、おそらく多くの店ではこの場合、修理より交換をオススメされる

のが現状の様です。

部分的な破損や不具合で、使いにくく(使えなく)なってしまうなんて、

不本意ですよね〜^_^;;

て事で、小さな時計屋は金属ベルトの修理に力を注いでいます!

( バーバリー 破損修理 )

バルト部分を外し、まずは洗浄。 錆や汚れを落とし、破損箇所のピン交換

やバネ交換、等ベルト部分全体の修理点検をさせていただきます。

( シチズン XC の破損修理 )

ほとんどの場合、2,000から3,000円程で綺麗に復活するものが多いです。

時計の金属ベルト。この猛暑で負荷を浴びている様です。

少しでも私達に何かできれば。と思う月末間近29日でした。

ありがとうございます😊

てる