時計の革ベルト

沢山の時計が復活し、お持ち主様のもとに帰ってゆく一日を過ごし、

改めて時計修理の需要の多さを実感。

その中、革ベルト交換のご相談が年々増えているのが嬉しい年始。

少しご紹介させてくださいね。

お爺様から譲り受けたLONGINES ロンジンの時計にバーガンディのカーフを

お選びいただいた若い青年。

オブレイの時計。ベージュに近いブラウンの革から、明るめのバーガンディのリザードに

イメージチェンジされた笑顔の素敵な女性。

CLUB LA MERのシルバーに、深みのあるネイビーのカーフを買いたし、

クリック加工させていただいたご常連様。

アップルウォッチの革ベルトをしっとりピンク系のカーフに変えて頂き

ニッコリ笑顔をくださった尊敬するS様。

TIMEXにネイビーのウォータープルーフのカーフ(白ステッチ)を

お選びいただいた青年。

まだまだ他にも、沢山の革ベルト選びのお手伝いをさせて頂きました。

時計業界で15年ほど仕事をさせていただいてますが、

年末年始にこうして「革ベルトを新調しよう」と思って下さる方々が

増えたコトが、ただただ嬉しい年末年始をいただきました。

どうぞ皆さま、

2019年新たに、ご愛用の時計と共に素敵な時間をお過ごしくださいませ。

さぁ、6日。

いよいよ長期連休をお過ごしの方々も本日お休み最終日でしょうか、

皆さまどうか充実の時をお過ごしくださいませ。

てる