時計修理屋の役割り

毎日多くのお時計の修理相談をいただく中で、

良かろうと言葉を選びお伝えしたことが、うまく伝わっていなかったり、

伝え方を失敗したり、お客様に不快な印象を与えてしまったり、

そんなことも時々ある。

実際、そんな事があって…。

やったつもり、言ったつもり、伝えたつもり、はやっぱり「つもり」。

つもりはどこまでいってもつもりでしかなく、残念ながら、

やっても、言っても、伝えても、意味がない。

さて、どいしたら良いものか。あぁすれば良かった、こう伝えたら良かった。

しまった、この方法があったな。その繰り返し。

そんなコトを、もうかれこれ何年、いや何十年、やり続け、考えてきました。

昨夜は、やるコトいっぱいの1日を終えて、夜は夜でやるコトをこなすため、

スタッフに後を任せ、名古屋駅を出ました。

歩き始めて間もなく、

眼力最強の阿部さんに引き止められました!!

私たちスタッフの「気持ち」や「つもり」なんて関係ない。

「一人一人のお客様にとって最適な答えをいつでも、どこでも。」

テクテク歩きながら、すっと通りすがりだったけれど、その言葉を見た瞬間

ドーン、ズーン、ズキューン、と響きました!!

思わず後ずさりバックして、写真を撮ってしまった(笑)

それにしても、深い言葉ですね…。

「最適な答え」をいつでも。

この場合、あのお客様にはこう伝えたら分かりやすく良いだろうか。

その場合は、どのタイミングでどう伝えたら安心していただけるだろうか。

あれこれ 考え、本を読み、セミナーを受けて、方法や言葉を決めても、

やっぱりお一人お一人、その時々、お客様が変われば全ては変わる。

もちろん状況やタイミングによってもその時々で変わる「最適な答え」

これはキリがない。でも、だからこそ、永遠のテーマでもあり、

15年日々、目指し続けてきたわけで。

そこにこそ、私達 小さな時計屋の存在価値が見出せる様な気がする。

さて、どう掘り進めましょうか。コレ、最後まで諦めずに突き詰めていきたい!!

あ。今朝はどうした、本当に独り言の様なブログになってしまった…。

まだまだ行き届かないところも多々ありますが、小さな時計屋は、

できるかできないか、できたとしたらどれくらいの時間とお金がかかるか、

コレをどう分かりやすくおひとりおひとり、その状況に応じた伝え方をさせていただくか、

をずっと考えながら、寄り添う接客を目指します!!

そんな私たちを支えてくださっている皆様に感謝します。

最後までお読みいただきありがとうございます😊

てる