時計の電池交換あれこれ

毎日沢山の時計に関わらせていただき、その多くが電池交換。

そして洗浄クリーニング や ベルト交換、でしょうか。

ここのところちょっぴり変わった時計の電池交換のご依頼、問い合わせ、を

いただくことが増えて来たので折角なのでご紹介〜させていただきます!

ちょっぴり年代物のエルメス。電池交換をさせていただきました。(¥2,000+税)

このデザインはあまり見ないなっ。エルメスと言えば、

やはりクリッパーやHウォッチが多いですねー。

そしてオメガのデジタル。スピードマスター  スカイウォーカー。

電池交換を させていただきました。(2,500+税)

オメガはクォーツなら断然、シーマスターとコンステレーションが多いので珍しい!!

そして全面ガラスで裏蓋ケース一体式のレイモンド・ウィル。

こちらもまたまた珍しい!!電池交換をさせていただきました。(3,500+税) 

まぢ珍しいッ!!なんて思っていたら、

続けて同タイプに近い全面ガラスタイプのラドーも。  

こちらもまた、電池交換をさせていただきました(2,500+税)

ここまで、珍しい時計の電池交換のご依頼を次々にいただく、というのは、

どういうことなのでしょう〜。

これらはわりと珍しいものばかりで、作業リスクも高く、電池交換は店頭でせず

お断り、もしくはメーカー出しにされるお店さんが多いのでは…。と思う中、

大切な時計を託していただける、というありがたい事象に感動しています。

心して、仕事に向き合っていかねばと、身の引き締まる想い。

ありがとうございます!!

SHALOMー☆

てる