時計の防水試験

時計の電池交換をする際の防水性確保について、

多くのお客様からご質問をいただく。

時計本体記載の圧がかかった時のガラス面の歪みを計測し、その耐久性を確認する

と言えば、お分かりになりやすいだろうか…(^_^*)

時計のガラス面に圧力をかける、ある程度耐えられたら、持続時間チェック、

歪んだガラス面がどう変化し戻っていくのか、により耐圧性(防水性)を確認する。

と言った仕組みになっている。

この試験機を店に…とも真剣に考えたが、圧を強くかけるだけあって、

エアコンプレッサーの音が凄い。間違いなく騒音…。

これはいくらなんでも店には置けない…。

そして、そもそも本体も高額だし……。

防音空間を整えて、設備投資。

そこまでして置くか、今までの方法で続けるか。

しばらくは保留としておきましょうか。

でも、文明の力!!てホントすごい!!

まさか20気圧の時計を200m実際試しに浸けてみる、てわけにはいかない

ですものね〜〜(╹◡╹)/

本日は、ありがたい防水試験機についてのあれこれ。でした…(笑)

週末お越し下さった沢山のお客様方、当店をお選び下さいまして

ありがとうございました。

1人残らず皆様とのご縁のひとつひとつに、感謝いっぱいです!!

テル