時計の充電

ハードながら充たされ、満足し、自分自信が充電された様な、

そんな感覚を覚える1日をいただきました。

充電、て正しくはなんだろう。ふとそう思った。

検索をしてみると

充電(じゅうでん)とは、二次電池に電流を流し化学的にエネルギーを蓄積したり、

コンデンサに電圧を印加して電荷を蓄積することである。対義語は放電。

スマホも電化製品も、車も、何でもかんでも充電式になりつつあるイマ。

時計も今はソーラー電波付きが便利、と増えてきている。

欠点は、明るいところに置き、光に当てなければ動かなくなる、という事。

ソーラー時計は止まらず便利、と言っても… 腕にはめ使っているだけでは

充電放電のバランスが崩れ、充電不足で止まってしまう。

充電がなくなると、使うのをやめ光の下でしばらく充電する必要がある。

それも、数時間ではなく数日間。

 各メーカー様のサービス案内では1週間ほど光に当ててください。と説明を受ける。

うーん、便利なのか不便なのか…   。  

生活リズムやスタイルに合わせて、ピタリと合う時計を見つけて欲しいなと

そんなふうに思います。

人も同じ。

燃費の良い人もいるだろうけれど、自分の心身の声に耳を傾け、

定期的に充電・放電のバランスを整えて過ごす事が必要ですね〜と。

なんだか本当に素敵な1日。


降る雨は、どうやらまた  あちこちで猛威を振るっている様です。

雨もまた、余分な静電気を取り省き、地上を整えているのだろうと。

そんな風に思え、なんだか心が暖かい。

幸せです ! !  ありがとうございます╰(*´︶`*)╯

SHALOMー☆

てる