時計の修理

時計修理についてのご相談を12年も受け続けていると、

当たり前になりお伝えする言葉がお客様の目線ではなく

時計修理屋目線で話をしてしまうコトが多々ある……。

初めて修理に出す方の目線に立ち、わかりやすくご説明をしよう、

と思っているのにいつの間にか言葉の選択を誤る。

ご相談くださる方が知りたいのは、

修理ができるか否か?

できたとしたらおおよその予算は?

そしてどれくらいの期間がかかるのか?

この3つではないかと想う。

何がどうだからこうなるのではないか?なんていう可能性は、

いくらでもありそれをキリなくお伝えしてもそれこそきりがなく

説明を受ければ受けるほど、余計に分からなくなる。

たとえば人が、体調崩して病院に行った時に、

ドクターが患者さんに話をする時の様に、わかりやすく病状を

短い言葉の中で説明するかの様にお伝えをしたいな、なんて思う。

ご相談にお越し下さるお一人お一人の気持ちに寄り添い、

かかりつけの町医者の様に、わかりやすくお伝えする言葉の選択について、

これからお一人お一人の日々考えていきたいと想う。

言葉、てむづかしいけれど、以外とどれだけシンプルにするか。

てコトなのかもしれない。

1人でも多くのお客様が、ご納得して修理にお出しいただける様、

シンプルに、わかりやすい言葉で、お伝えするコトに意識を傾けます。

言葉に愛を乗せてー☆

テル