時計の修理 職人

時計の修理職人、と呼ばれる方々。

頑固でこだわりが強く、自分の腕には自身があるからこそ、

再修理となるとあまり気持ちよく受けてくれない。

そんなイメージがどうしても否めない。

「こんな使い方してるからだよ」

「落としたりぶつけたりしたんじゃないの」

「 精度が悪くなってもいいならいいけど」

………なんて言葉も時々ある。

今朝は、昨日お預かりしたS様のアンティークウォルサムの再修理について

職人さんと相談。 というかお願い、に近い……かな(笑)

オーバーホール(分解掃除)から1年が経過しているし、保証期間は基本6ヶ月。

しかもアンティークともなると、保証はあってない様なモノだったりする。

失礼承知で心して、再度の修理が必要になった事を、伝えた。

お気を悪くされない様に!とすこーし気を配りながらも、

お客様からお預かりした時の事、お客様のおっしゃったお言葉、

そしてご相談頂いた際に実際接客をした私自身の気持ちや希望。

でも、この方はステキ!!

「あれだけ手をかけ大変な思いをして手がけた時計だからこそ、

せめて2年は不具合を起こさない様にしたつもりです。それは

私のプライドが許さないから、できる限り可能性を追求します。

情報ありがとうございます。できる限りの事を、と思いますので

お代はいいですのでお時間だけください。」との言葉。

職人さんの中でもこの方は違う!

プライドが高く志を持って取り組まれているからこそ

できるクォリティーの高い修理。

あちこちで断られてきたモノを復活させるには、

こうゆう熱〜い想いを持つ職人さんが増える事が不可ー☆

腕はもちろん天下一品!

こんなステキな職人さんとご縁をいただけている事が、

とても心強く想える。

Oさん、ありがとうございます(#^.^#)

スタッフの椿地君も、いつかこうゆう職人さんになるのかな(笑)

いや、このままいくともっとステキな職人さんに成長するはずです(笑)

乞うご期待 ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

明日は東海地方は大荒れのお天気の予報。

皆様お気をつけてお過ごし下さいませ。

テル