時計のベルト交換

朝から蒸し暑くて、湿度の高い名古屋の気候を感じるここ数日。

朝からベルト交換のご依頼が多い1日でした〜(o^^o)//

急に暑くなるこの時期は、確かに  ベルトを交換新調したくなるッ!!

傷んでしまったから変える、はもちろんだが、それよりも

お色を変えたい、素材を変えたい、てお客様が多い… そんな風に感じる。

ロゼモンに真っ白な牛革ベルトを選んでくださった女性がみえました。

この方はこのロゼモンに毎回違う お色を合わせ頻繁に付け替えられます。

サイズが合うのは幅が10mm。

薄いシルバー色 の文字盤なのでベルトの色はどれもこれも、

それなりにいい感じッー☆

 優しい雰囲気の優しい印象の彼女に、真っ白のつや消しのシンプルな革が、

とってもよくお似合いでした。

ここ数年、ベルト業界すごい進化!!

NATOベルトはもちろんのこと、汗や水に強い素材のベルト、

ウォータープルーフ加工のベルト、

肌にあたる側にラバーをあててあるベルト、随分多くの種類が、

皆様のお手元の時計を、守りカスタマイズしてくれます。

お色も、黒茶ばかりでなく、綺麗なパステルカラーやビンテージ感のあるもの、

以前は少なかった白色のベルトすらいくつもの色や種類が出ています。

これだけあれば、きっとお気に入りが見つかるのでは?!

時計を大切にする気持ち、愛着を持てるカスタマイズをして

時計を持つ方々が、どんどん増えます様に!!

 いらっしゃいませ! 先ずは小さな時計屋スタッフの笑顔をどうぞー☆

SHALOM  (シャローム)  平安あれー☆

テル