時の流れ

時計貴金属修理 をしていて時計修理のプロになったつもりでいても、

「時の流れ」に対してド素人な様で…、色々想うことがある。

今日3月14日は私にとって記念日。

人は何かを手放した瞬間ナニカを手にする。

終わりが始まり、ということを、身をもって、深々と、痛感する転機

を迎えた日だった様だ。

自然の摂理に学び、気づかせてもらっても、まだまだわかっていない自分。

これは一生考えつつづけるであろう課題なのかもしれない。

(もっと勉強しとけばよかったかな…)

とは言っても、誰もが唯一無二の自分。

喜んで、楽しんで、幸せになること以外に、今生 目指すべきところはない。

この「たったひとつの花」をどう咲かせるかは皆 誰もが自分次第。

素敵だと感じる人に、モノに、時に、そして言葉に、

「沢山の素敵」に出逢い、そこから感じ 気づき 学ぶ。

へっぽこで行き届かない事いっぱいの私ですが、ありがたく沢山の素敵に囲まれ、

「 時の流れ 」と向き合う毎日。

今とっても幸せです。

多くの支えと、ご支持に感謝致します。

関わってくださっている全てに感謝致します。

さぁ今日が始まりました。また新たな時が刻まれます。

「1日一生」という言葉が、どこからか胸に響く、そんな朝です。

てる