時の流れ

いつだったか、知人から時の流れの早さについて、

こんなお話をしてみえたことを思い出した。

人の人生80年と捉えた時、10代の子供は10キロ、30代の人は30キロで走っているようなもの、

40代の人は40キロ、60代の人は60キロ、で。

長距離ドライブでも、スタート地点ではゴールのことを強気意識しなく取り敢えずで走り始めても、

実際に進むと、サービスエリアで一息し、進むにつれて先のことを自然に感じるようになる。

残りの人生が少なくなって行くとスピードが早く感じる。

てそういうことからかな…。

て。

なるほど〜(*^o^*)。

このたとえ話が合っているか否かは私にはわからないけれど、

なるほど〜て強く思ったことがあった。

確かにそうかもしれませんね、もっともっと、地に足つけて、

今日を喜び、今を大切にし、幸せ感じていたいなぁと、

そんな風に思います。

今日は、名古屋の飲食業界に大きな功績を残し、今も発展し続けてみえる

奥志摩グループの代表中村文也さんのお誕生日(60歳還暦)。

還暦を迎えた今日、ご縁のある皆様のために、

ご自身が感じてきたこと皆が幸せになる経営、生き方、なんかについて

講演をして下さるようです。

いつになっても人はやっぱり人のため。

ご縁のある誰かに幸せのおそそわけをしながら生きたいものです。

昨日も、スタッフの頑張りのおかげでたくさんのお客様に喜んでいただけました、

今日も幸せの種まき、顔晴ります。

ありがとうございます。

SHALOMー☆

てる