昭和レトロ

今では当たり前の「電池式クォーツ腕時計」の始まりの歴史は新しく、

まだたったの50年ほどの事。

1969年に世界で初めて発売されたSEIKOクォーツアストロンがその始まり。

ここ数日、30〜40数年前のSEIKOクォーツ時計達に出会う事が多い。

数日前にも同じ様な内容を書いた記憶があるが、その日も、そしてその翌日も

SEIKOクォーツが手元にやってきた。

そもそも、当たり前だけれど、

その当時の時計を復活させたいという想いから修理屋に足を向け、

訪ね、依頼をする。

という事は、それぞれ「思い入れ」があるから、な訳で。

「その頃の想いを大切にしたい」という根元がある!という事かと。

勝手ながら思うわけです(笑)

だからウチのテーマは「想い出の復活」なのですが(笑

それぞれお持ち主様にお話を聞くと、「初めて親に買ってもらったもの」

「高校卒業した時に」「初めて社会人になった時に」など、様々。

でも、共通点は、大切にしたい「想い」がそこにある。という事。

皆さまと共に、その歴史を刻んできた、いわゆる「昭和レトロ」な時計達。

昭和、平成、の時を超えて、次世代まで受け継がれてゆく事になる。

こんな嬉しいことは無い!!

想い出の復活!!

平成最後の年末に、ふさわしい締めシーズンです。

なんだかとても幸せです!!

ありがとうございます。

てる

************* 営業のお知らせ *************

年末年始

31日〜 3 お休み

2019

毎週火曜日  定休 (祝日は営業)

ご不便おかけしますが、どうぞご理解いただきます様よろしくお願い致します。