春はすぐそこ

3月の声を聞いた途端に、空気が冷たく寒い日が続いている。

特に、地元の津は昨日朝のベランダから眺める景色が真っ白だった。

そんな今日は、お世話になりっぱなしだった大好きな方の命日。

おしゃべりして「また来るね〜」とおっしゃった最後の言葉が

今でも耳に残っていて、お声が聴こえてきそうな気がする。

あまりにも、突然の訃報だった。

今日で、もう一年が経ったんだ。

いつも前向きで、元気と笑顔いっぱいで、とっても優しく、

思いやりのかたまり!?の様な大きな方だった。

時が経っても、あの方からいただいたもの、忘れずに、

なくさずに、いたいと、あらためて思った。

きっとどこかで見ていてくれる。

そう思うと生き方が少し変わってくる様な気がする。

テル