旅の最終日

いよいよ、あっという間の11日間のイスラエルの旅最終日。

朝から、エルサレム市内を歩きました。

イエス・キリストが十字架を背負って歩いたと言われる道

「悲しみの道」を歩きました。

マリア様が妊娠中に、訪れたといわれている教会にも行かせていただきました。

その教会が私達33人の旅の最終行程でした。

名残惜しさと向き合いながらも時間がきました。

帰り際、拝観時間ギリギリになった私達一行に対し、

牧師様が、「 歌を唄って欲しい 」と、???な事を突然、おっしゃいました。

クリスチャンでない私達には、賛美歌が分かりません。

「わがヤマトの」日本の賛美歌もご存じない方がほとんどです。

てことで、皆で最後に「アーメン」をつけて「 ふるさと 」を歌わせていただきました。

33人の気持ちのこもった歌声が見事にハモり、とっても素敵な風になりました。

さぁー、名残惜しいけれどこれで全行程終了いたしました。

帰国の途につきます。

この旅に導いてくれた団長赤塚様との14年前のご縁に感謝いっぱいです。

また、この旅でご縁いただいたお仲間に感謝いっぱいです。

ネット環境悪く、ブログの更新、メール問い合わせに対し

ご対応に失礼がありましたこと、申し訳なく思っております。

そして

何よりも、私と店を支えてくれているスタッフに心から感謝いっぱいー☆

明日からまた顔晴ります!!

テル