教訓

兵庫南部地震(阪神 淡路大震災)から24年が経ちました。

決して遠く関係ない街、ではない身近な神戸の街でおきた震度7の大きな地震。

あの日のことは今でもはっきり覚えている…。

人は経験した事を、得た感覚を、元に何かを学んでゆく。

そして次に備える。

はずなのに、いつのまにか忘れて、なかった事の様に安心して生活している

自分がいるのもまた事実。

何度も同じ過ちを繰り返したり、 いつまでも変化しないいつもの場所に居るのが

心地よいと感じて殻を割る勇気がなく逃げ腰になる。

何度も何度も訪れたことのある大好きな神戸。

今では24年前あの時TVニュースで流れた映像は、すっかり想像もつかないけれど、

高架下の古い町並みなど、当時の記憶を呼び起こす場所も沢山残っている。

たまらなく大好きで、度々自分ご褒美にと通った場所もある。

今年もまた行けたらいいなぁ。

「あれから24年」というフレーズを目にした事で、自分のこの24年を振り返る

機会をいただきました。

こうして何かの折に、起きた事を思い出し、教訓を改めて意識する。

今こうして元気で居るからできる事。

ありがたい事ですね。

てる