意識の共有

「コミュニケーション」や「意識の共有」について、

時折考える事がある。

職場の一員、同期の仲間、友達や家族だのって、ひとはいつの間にか、

いくつもの「くくり 」 のなかに属し、身を置いている。

その「くくり」に属しているうちに、少しずつほんの少しずつだけど、

ナニカが変わってゆく。 簡単に言えば、普通が普通では無くなる。と

いったところだろうか。

今までの考え方の癖や、想い込みが、当たり前 を創り出し、

当たり前 が ありがたい事 だという事を忘れさせる…。

同じ方向を向いているのか、行き先は同じなのか、

そんな事をお取引先様の方々とお話ししながら ふと感じた。

小さな時計屋は、

関わる全ての方々に喜んんでいただくために有る。

私達は、誰かに喜んでもらうために生かされている。

という、当たり前のことを今一度、改めて見直したいものです。

誰かに喜んでいただける存在でありたい。

綺麗なお月様の光を全身で浴びながら、深呼吸をし、

そんな風に感じた。

「今日一日、どれだけの人に笑顔をお届けする事ができただろうか。」

そんな事を夜空に毎日問う毎日。

まだまだだけど、そんな気持ちだけは忘れずにいよう。

ありがとうございます😊

てる