想い出の時計 

かれこれ10年程前のコトになるだろうか。

あるご常連のお客様から時計のベルト交換のご相談をいただいた。

時計ベルトをつけるピンがケース側に付いていて付け替えが自由にできない。

コレを理由に、巻き込みタイプのベルトを別作でお作りさせていただいた。

当時はまだ別作のベルトの供給がなかなか思う様にできていなかった…σ(^_^;)

お色、素材、価格。どれもイマイチ思う様にいかず、未だに痛〜い想い出。

あれから年数が経ち、今では別作のベルトを作ってくださる業者様も増え

仕上がりも成功率抜群!! 

経験値も増えた。お色、素材、仕様、など張ってオススメできる

様になってきたなぁ〜て、改めて噛み締めて 嬉しく思う。

おかげさまで、皆様に喜んでいただいていますー☆ 

日々の積み重ねが、一歩一歩が、いつしか可能になりいつの間にか叶っている。

そんなものなのかもしれない。

あの時の時計も、ケースについているピン部分を削り落とし、穴を開け、

通常のベルトが取り付けできる様に、加工させていただいた。

  

大きなコトなんてできないけれど、小さなコトを毎日コツコツと

続けていこう。  なんとなくそう想えた今日。

テル