想い出の復活

ある素敵なご婦人に、時計のベルトについてご相談をいただきました。

「大切な時計だから、ベルトを変えてまた使いたいのだけれど、

ベルトを変えて使えるかしら」とその様な事でした。

おそらく…30年は経過しているだろうオリエントORIENTのクォーツ。

文字盤もケースも、ベルトも、ゴールド。

ケースはレディスらしく薄めで、小ぶり。ラグ部分の装飾が、

とても綺麗なシルエット。

昭和のモノは時計も「時計」というより「一つの作品」

その時計を見た瞬間、私はバーガンディ色のリザードベルトが

とっても合いそう♡て感じた。

黒茶はお持ちとの事だったので、ご提案のひとつ、としてお見せしてみたら

とても気に入ってくださいました。

なんだか時計、というより素敵なバングルに時計が付いている。

といった方がいいくらいとても素敵な仕上がり♡

しかもとってもそのご婦人にピッタリ♡(^^)

ベルトラインナップに力を注いできて良かった〜て思える瞬間!!

気に入ったその時計を腕にのせて、お帰りになる後ろ姿が、

私の胸をあたたかくしてくれた瞬間でした。

ベルト変えたいけど、どうしたら良いかわからない。

なんて思う方は、ぜひ「小さな時計屋 」までご相談くださいませ〜。

ベルト選びが楽しい毎日を過ごさせていただいてます!!

ありがとうございます。

てる