想いの共有

人は繋がりの中で生き、繋がりに助けられて生かされている。

そう信じ、過ごしてきた。

実際そうなのだろう…。

朝から少し寂しい出来事があった。

少しでもお力になれればと、仕事をお願いしていたお取引先様と、

意識の共有ができていない事を、まざまざと見せられ、

ドカーンと背中を押され崖っぷちから突き落とされた様な寂しい想い。

その足で店に戻るのは流石に…しんどい。

てことで、道すがらにある神社にお立ち寄りさせていただいた。

深呼吸、いつもの言葉、そして静かに手を合わせ、感謝へと導かれる。

そこで、可愛いハートの敷石と真っ白な鳩に出逢った。

街中にある神社ですが、木々には沢山の鳥がとまり、唄を奏でていた。

大きく深呼吸し、少し気持ちを切り替え、店に戻ると、

スタッフが店頭で頑張っている姿。

長いお付き合いの中で、善かれと思い続けてきたことが、相手方にとって

そうでもなく、かえって重荷になっていたのかもしれない、という事実を

スタッフと共有し、この先について相談。

おかげさまでスタッフとは想いの共有をすることができました。

人の想いは、相手に伝わってこそ活かされ意味を成す。

そんなことを強く感じる一日でした。

よく考えてみたら、見えていなかった現実に気づけてよかった。

そう、そのままでいいわけ無いもの。

想いの共有ができる仲間との繋がりの中で生きたいもの。

そうだ、良かった!!

感謝。

てる