思い出の復活

小さな時計屋を始めた13年前、小ちゃくて愛のあるお店にしたい!!

そう思って始めた。    テーマは「想い出の復活 」

時の測り。

日用品でもあり、機械製品でもあり、また工芸品でもある、

その上、アクセサリーでもあるのかな 、  それが時計。

価値感が時代とともに変わっても、時の刻みは変わらない。

チクタクチクタクと淡々と刻まれる時間…(^-^)

時計の修理に10数年間携わっていて、今でも時々   フッと想う事。

時間は同じ様にチクタク刻まれていても、時計に宿る想いや、時の経過は

それぞれ全く違う、て事。

形見分けでいただいた時計だったり、結婚の記念だったり、

学生の頃からずっと共に生きてきた相棒  てモノだったり…。

その時計を修理するにあたり、お金をかけてまで治すか否か。これもそれぞれ。

治したい!そう想う方とのご縁をいただいた時、

その時計に込められた、 「 想いの重み 」をズシリと感じる…。

何とかいい状態に戻し、お渡しをしたい!!そう想う。

接客スタッフがお客様から受けた情報を、サービススタッフにどう伝えるか、

そして直接担当する職人にどれだけの情報をどう伝えるか、 伝わるナニカが大きければ大きいほど、

当然直接施術する職人の魂に火がつく…  そんなもの(*´꒳`*)/

で、あれば、

私たち小さな時計屋の役割は、

お客様の想いを重く受け止め、その思いをカタチにし、復活させることに尽きるのであろう。


私物のデュアルタイムの時計を、朝から何となく腕に乗せた日。

他国の時間を気にしながら、そしてその地で過ごした時の

「 想い 」にどこかシンクロしながら過ごすことになった。

トキて、そうゆうことなんや…、ココだけじゃなく、皆それぞれの違う時が

流れているんだ、て想えた。

時に携わる仕事をさせて頂けている事に、ただただ感謝の思いが溢れ

思い出いっぱいの時計達を、誰かの大切な想いがいっぱい詰まった時計達を、

そのまま素通りするなんて、できない!!    

諦めずに最善のチョイスをし、大切な想い出の復活のためのご提案が、

できる店でいたい。

1つでも多くの時計達の それに携わった方々の「想い出の復活」のお手伝いをしたい

と想う夜。       ありがとうございますー☆

テル