幼馴染

あれこれこなして、1人静かに本社デスクに向かい、そして外へ出て

いろんな人と会う1日。

名古屋にいながら店を留守にしっぱなし。なんて、なんだか珍しい1日。

新月。終わりと始まり。

「コミュニケーション」にまつわるあれこれ に触れる1日でした。

夕方、名古屋駅に来ていた幼馴染と会うことになり、食事会。

幼馴染。漢字たった三文字で表すと大したことない様にも感じるが、

幼稚園児の頃からから、となり同士のお家で育った友。

初恋の時、学生時代、引越し、それに結婚して子供ができても、

私が三重に引越ししてからも、いつだってずっと連絡を取り合うことは

お互い続け、どこかで繋がっている気配を感じ。

気づけば45年ほどだろうか。すごい歴史です。

どこかがプチンと切れた様に、まるでアホみたいに(笑)

気が狂ったみたいにお腹痛くなるほど涙を流して笑いました。

悩みも、痛みも、スコーンとどこかに流れちゃいました。

互いに腹割って話せる幼馴染の存在が、体が動かせるベストなタイミングで

連絡をくれた事すら、きっと必然。

やはり、繋がっているのでしょう。

当たり前だけれど、親子でも、夫婦でも、恋愛でも、そして職場でも、

コミュニケーションの取り方のカタチは様々。

という事を実感!!

大切にしよう。

ありがとうございます😊

てる