幸せの条件

ある方から 存在を知り得、ある本を衝動的に購入した。

定休日を、三重県で過ごし、お気に入りの喫茶店でその本を読み始めた私は、

アルバート・アインシュタインのある言葉にドキリとした。

「人間は他の誰かを愛するためにいる。自分の幸せが相手のほほえみと

充実感に依るのだとすれば、なおさらそうである」

アルバートアインシュタイン(1879314  1955418)

今更ながら、これが140年前に生まれた方の言葉。スゴイ!!

そして、時を経て現代。

ある方の言葉。

「あなたの幸せそうな笑顔 、それが私の幸せ。」

人の幸せ感とは時がどれだけ流れても全く変わらない。ということ。

寝る間を惜しみ、休みもとらずに、ただただ必死に、ガムシャラに。

ナニカを手に入れるため、だったのか(?!) 仕事仕事仕事。

だからこそ得ることのできたヒト、モノ、コトが確実にあるわけで、

それをしてきたからこそのご褒美。て事で落とし込まれているので、

それを否定をする気は無い。

ただ、ここ数年。

肩の力を抜いて、穏やかに、全身を幸福感で纏い、生きる道。の場所について、

なんとなくではあるが、向こうじゃないか、とアンテナが何かを感じている。

働き方・自社(自分)の役割・目指す場所、そして「幸せとはなんぞや」

というコトに意識を向け、関わるヒトやコト、モノ、について想ってきたこのタイミングで、

この本が登場する!!これもまさに必然のタイミング。なのだろう。

在るものはいつか壊れ、手にしたモノはいつか手放す。

生まれた瞬間から自ずと死に向かう様に。

自然がただ粛々と、新緑に包まれ、花を咲かせ、散る様に。

とても充実の火曜日を過ごさせて頂きました。

第二の故郷三重県への一日帰省。

行きはどうなることかと一瞬、心が折れ沈みかけたけれど、ふと開き直ってみたら

素敵な空に導かれ、その地に着いた。

かかりつけ医の院長先生にドンピシャの一言をいただき、行き慣れたスタンドで

愛車を綺麗にしてもらい、Y珈琲さんでお食事(超ラッキーなコトに遭遇♡)

素敵な自然学習 の一日。

全てはうまくいっている。と言うコト、他ならない。

巡り合わせと全てのご縁にただただ感謝するばかりです。

関わる全ての皆さまがもれなく幸せであります様に。

てる