嘆きの壁

イスラエル&ヨルダンの旅も早いもので8日目。

本日は、ヨルダン、ネボ山から約束の地エルサレムを見下ろした想いを持ちつつの

いよいよ再度イスラエルに入国。エルサレムに向かいました。

まさに、モーセがリーダーとしての役割を終結させ、後継者ヨシュアに継ぎ、

ヨシュア率いる群衆がたどった道を再現するかのようなコース。


オリーブ山から見下ろすエルサレム………。

無宗教、なんて思って生きてきてけど、心から感動ー☆

宗教を超えて、な…なんやろ…人が幸せに生きる事を追求すると

「同じ場所」に辿り着くのではなかろうか…と

うまく言葉にできない様な…なんとも言えない(^ー^)ノ

その「 根源 」のようなモノを感じる。

エルサレムの旧市街。それは全く想像してしていた感じとは

違い、とても広くとても素敵な空気感に包まれていた。


西の奥へと歩いて行くと、その奥に開けた場所があり、

いよいよその奥は西の壁。

そして男女が別々に分かれ壁に触れて祈る「嘆きの壁」。

ある人は聖書を読み、またある人は涙を流して祈り、

皆それぞれ自身らしく周りを気にすることなく時を過ごしていた。


「 小さな紙にお願い事を書き、その石の間に挟み祈ると願いが叶う」

とのことなので、しっかり「スタッフの幸せ」をお願いしてきました(笑)

さぁ、明日は一日中エルサレムの中を歩き回ります。

いよいよこの旅も残すところ2日です。

しっかり踏みしめ、噛み締め、過ごします(≧∇≦)/

テル