命の尊さ

命の儚さ、そして尊さ、を目の当たりに強烈に感じる事象が

私の目の前に、突然起こった。

物理的なヒトの体、とそこから離れた魂。

切り離される瞬間に魂に羽が生え翔び立つのか ……(?!)

鳥に導かれ、自由に解き放たれた彼女の魂は、きっと次のステージに

飛び、上がったのだろう…。

今そばにいてくれている、大切な人、スタッフとその家族、友人とその家族、

全ての人の命を心から大切にしなければいけない。

その命を、使うべき場所で使うべきことに仕えられるように

、使命に生きなければ…。

このタイミングでコレを体感することになった私は、

何をキャッチすべきなのか…。何に気づくべきなのか…。

何か課題を与えられているはず。

モノゴトに無駄はひとつもなく、全ては絶妙なバランスで、

確実に、偶然ではなく  必然で起きているのだから。

時計屋の主として、私は誰と何を約束し、

どうお役に立たせていただくのか?どう仕えさせていただくのか?

もはや公私は無い。人として使命に出逢い、使命に生きたい。

そう想えてならない……。

薄ーく霞む霧が晴れ、少しずつ光が差し始めているようです。

スタッフの椿地君にただただ支えられた19日でした、(いつもかッ (〃ω〃))

どうもありがとうございます!!

SHALOM  平安あれー☆

テル