君はヒーロー

数日前から嫌な予感!?というより、「 うわぁ〜〜私、なんか満タンだな〜〜

削ぎ落としたいなぁ〜。」 と感じていた。

あのなんとも言えない、スッキリ爽快感を感じた事のある、

伊勢の杜に想いを馳せ、五十鈴川での禊をイメージしながらここ数日、心静かに過ごしていた。

「   五十鈴川〜  潔き流れのすえ汲みて〜

     心を洗え〜 秋津島人〜   」  

そう、水の冷たさで内臓の動きが停止しない様に、と言う言葉が的確か否かはビミョーだが、

とにかく ……思い切りお腹の底から声を出し、真冬の五十鈴川につかる行。

そんな事に想いを馳せていたら、別のかたちで禊をすることになった様です。

しんどいなぁ〜と思いながら、それでも薬局に寄って、大きな荷物を持って徒歩にて帰宅。

……気づけば、部屋に。どの道を……歩いてきた?  ……え?ベランダの窓が空いてる…私

帰っていつもの様にベランダに出たんや……。

てな……始末。ちょっと変やな、とようやく気づき発熱を確認。

インフルエンザでゎなく、単なる余分なものを流すデトックスかと思われます(^^;;

熱でボンヤリ、寝すぎでボンヤリ、そんな中耳に入ってきた

「君の鼓動は君にしか鳴らせない」  という素敵な曲。

聴いていたら、何故かもわからず涙がワンワン溢れました。

身体が弱っていると身体に力が入らない、その分他ものもが受けやすくなるのでしょうか(笑)

そう、君の鼓動は君にしかならせない、当たり前の事なのに忘れている事、

思い出すことのできた、そんな日を過ごしました。

時にはこうして思いきし削ぐ事も、必要なのでしょう……。

すっかりスタッフに、負担をかけてしまいました〜、

2人ともありがとう(^^);;    

それにしてもよく寝ました。さぁ〜これでリセット完了!!

君の鼓動は君にしか鳴らせない。一人一人がみんな自分のヒーロー。

どう使うその命? 氏名は使命 とも言いますし、思い切り楽しんで生くこと。

自分が今置かれた場所で精一杯輝ける様、

スイッチオンにしてアンテナ立てて、イカせていただきますー☆

皆様、ありがとうございます!!

テル