名古屋に戻り

熊本から戻りました。

地震の少ない名古屋にいると、どこか安心が当たり前になり

アンテナが気を抜き、感度が鈍っていくものだと、思い知らされました。

昨年秋、熊本に訪れた時、あんなに強く衝撃を受けたのに…。

熊本では、毎晩のニュースで復興情報をはじめ、

仮設住宅が足りず公用の土地も足りない、と流れています。

「 これを全国版で放送したら良いのに……。」と、「この番組を見ている人々は

すでに知っている事だったりするのでは?」と。

「現実を知らない人々の目に、届く様に放送した方が……。」とかってブツブツ独り言。

南阿蘇周辺ではあちこち道が通行止で迂回、迂回、また迂回、で

行きたいところに思う様に行くことができません。

あちこちに仮設住宅がぎゅうぎゅうに立っています。

そして「 ココが我が家。」 と生活している方が沢山います。

お墓の墓石も割れて崩れ落ちたままのところも多くあります。

当然、

崩れたままのお城、神社、道路、自宅の立て直しも、まだまだです。

それでも、前を向き、少しずつ小さな一歩から、前に進んでいる地に立ち、歩き、

風を感じ、いかに今自分が幸せな環境にいるのかと、改めて強く知らされました。

「感謝が足りずにいる自分」 に気付けただけでも、よしとしましょうか……。

ココに今このタイミングで来た意味はあった、という事にして。

問題はきっとこれから。   「 どう生きるか 」 でしょうか。

前向いて、誰かのために何かができる自分でいたいと思わされました。


光に向かって   まっすぐ伸びている飛行機雲が、これから歩む道に見えました。

皆、誰もが光に向かって生きているのですね〜(´∀`=)//

関わる全ての皆様に感謝いっぱい!!です。 心が震えます。

今日からまた名古屋駅地下で顔晴らせていただきます。

数日間熊本旅にお付き合いいただきありがとうございました。

またの機会に〜☆

SHALOM ( シャローム )   平安あれー☆

テル