古い時計の修理

ここのところ、「古い時計なんですけど修理する事はできるのでしょうか?」

というご質問をよくいただく。

どこを基準に「 古い 」 とするのかなぁ〜、と思ったりする。

10年経っていると「古い」と感じる方。

20年経っていると「古い」と感じる方。

いや、30年、40年経っているとようやく「古い」と感じる方。

感覚はそれぞれ。 特にはっきりとした「 定義 」がある訳ではない。

それゆえに、諦めてしまっている方も多い様です。

例えば、どこかのお店で「メーカー修理が受付終了している」と言われれば、

「古いからもう治らないんだ」と諦める。  ……みたいな。

当 小さな時計屋 では、年代問わず修理のご相談をいただいています。

メーカーさんでも、買ったお店でも、どこでも修理できる時計はもちろんですが、

それより、どこかで「修理受付できない」と言われた時計こそ、

諦めずお見せいただきたい!なと思うのです。

アンティーク、古い時計、色々言い方有りますが、この基準は曖昧。

アンティークでも修理は当然できるわけで、当時のモノこそ

現代の大量生産モノと違い、丁寧に作られていてしっかりしています。

「形見分け」などで先代から譲り受け手にした時計。

数十年前に初めて手にした思い出いっぱいの時計。

引き出しの中から昔親が使っていた時計を見つけた、そんなブランド時計。 

など、10年、20年、いやいや50年60年と経っているものでも、

諦めることなんてない!んです。  

どうぞお気軽にご相談ください。

時計のメンテナンスをし、ベルトを変える、そして蘇る。

毎日そんな時計場面に出逢えるのが、そんな時計達に出逢えるのが、

楽しみデス(#^.^#)

テル