初大須〜栄

本格始動で慌ただしいここ数日。

用事がありお店のお遣いと、新年のご挨拶を兼ねて大須方面へー。

日頃、太陽の光にあたることが少なく、まして昼間の太陽の下…となると

わりと貴重ッ!!

キ、キモチイイィ〜〜〜〜(๑>◡<๑)/

いつもの交差点、いつもの久屋大通、も新年初訪問となるとなんだか

気分が違う!!(*´∇`*)/

あれこれハードスケジュールで重くなっていた頭と身体が、外の冷たい風で

サッパリ、そして スッキリ!!全身に血が走ってる感じッ。

ふと……12月の伊勢を想い出した。

明治天皇御製の和歌を 詩吟の様にゆっくりと腹の底から!?声を出して

凍えるほど冷たい真冬の五十鈴川に肩まで浸かり、唄った。いや唱えた、が近いか。

五十鈴川  清き流れの   末汲みて  心を洗え   秋津島人

これを3回。

あれはちょっと、あまりにも特殊な経験だった。(笑)

でもあの経験のおかげで、何かを強く感じたのは確かだった。

そう、今日、大須で、その時を思い出した…。

冷たい風を肌で感じる時……、あの伊勢の夜を想い出し、

ちょっぴり神聖な気持ちになる。    それだけでも充分!!

肩まで浸かったのに身体が濡れていなかった……?!

熱で蒸発したんやろか!? それとも凍った!?

どうかは定かではない……が、すごい時間だった!!

身が引き締まる、とはこういう事。


新年のいろいろな感情の中でそんなことをなんとなく感じた、初大須〜栄訪問。

お遣いも、捨てたもんじゃない……笑。

ある事、起こる事、全てに意味があり、全てに感謝ですね〜☆

テル