優しさ

厳しくするのがいいのか、優しくするのがいいのか、

分からなくなることがある。

厳しくすれば、捉え方によってはハラスメント的な?

優しくすると、捉え方によって単なる甘やかし?!

厳しさと優しさは裏返しでありながら同じコトだ…。

愛を持ってしらせ。

そんな風に見始めると、分からなくなる…。

人のことアレコレいうほど自分もできていないのに。

いや、だからこそ話し合って一緒にイイ風になる様に努力をしよう、てお話し。

愛と優しさをもって、私を導いてくれる存在を想い出す。

この存在に日々、感謝している。

怒らない。遠回しに促しある時にフと「気づき」をくれる。

こんな風に何かができたら。なんて…いつも思う。

相手は自分。対局する様に見えて実はそれが自分。

「幸せ」はきっと、厳しさと優しさがバランス良く保たれた中で

感じられる感覚なのではないかなぁ…。

あ、堂々巡り……。

久しぶりにある一冊の本を、ひらいた。

ミッキーマウス 幸せを呼ぶ言葉 / アラン「幸福論」

なんとなく適当なところで、サッと開いてみると、ヒントがあった。

「 幸せとは 自分の意志で選んだ仕事で 成長を実感できること 」

「 明日が楽しみである時は すでに今が 幸せだということ 」

いやーこの本すごい!!

というか、なぜか本棚の中にたくさん並んでいる本の中で

この時フと、なんとなく手に取り開いた一冊の本。

こんな風にふと思った事からヒントや答えをいただける

このシンクロの事象に救われる奇跡!!

護られてる!!

背中押していただきました!!

そう、原点はコレ!!

「 幸せだから笑うのではない 笑うから幸せになれるのだ 」

あー、なんだかとっても幸せ!!

ありがとうございます😊

てる