修理職人 Uさん

小さな時計屋と同じファッションワンにある

アウトドアショップ のM店長にお誘いをいただき、

久しぶりのランチタイムをご一緒させていただきましたー☆

スタッフの意識をどちらに向かわせたら楽しく成長をしながら働けるのか、

なんて事をあれこれ話しながらの充実したランチタイム〜(*^_^*)/

日々精進ですねー!!

その後、夕方にはテナント会議。

会議の帰り道にM店長とも同じ話を…(OvO)

どこも店のボスは同じ事を悩み考えているのだなーと、勇気をいただいた。

夕方、貴金属職人のUさんが店に寄って下さった。

1時間ほど、お話をさせていただきました。

日々淡々と作業台に向かう時のテンション、気持ちの上げ方、について。

タイムトライアル。スピードを求め作業をする。

その逆に、仕上げの良さを求め作業をする。

そしてその両方をクリアする事を目指す。

究極のバランスで最短時間で綺麗な仕上りを目指す。

時々それができることがあるー☆

ヨッシャー!!と思える。

するとその後はいい感じで1日を過ごせ、良い流れで作業が進む、

と……。

お客様がどんな流れでそれを手にし、どんないきさつがあり、結果今こうして

当店で預かることになったのか、どうして欲しいのか。

どうしたら喜び納得していただけるのかー☆

そんな想いに気持ちを強く寄せる。    

ひとつの「 コト」 の裏に隠されたバックボーン や

いきさつ、想い、に触れた時、してあげたくなるナニカがある。

その想いをしっかり受け止め、察し、自分達がして差しあげられることのうち、

から最善をお勧めしお伝えする。

そうしてお預かりした修理品を、どの様に職人に伝え依頼をするのか。

この伝え方ひとつで、職人の意識と修理にかける想いが変わる。

最善の方法をお勧めしお預かりし、その想いを職人にうまく伝える。

すると仕上りが確実に変わってくる。

そのモノの持ち主様(お客様)と直接手を下す職人さんとの間の繋ぎ役が

お店で働くスタッフ。

こう考えると、良くも悪くも全てが預かるスタッフの「想い ひとつ」で

全てが変わる、て事。

挨拶や会話ひとつひとつの声のトーン、響き、姿勢、目つき顔つき。

全てが自分達次第ー☆  て事。

これをどうスタッフ全員で共有し意識を変えアゲテいくか…ヾ(๑╹◡╹)ノ”

Uさんと話しながら、少し慌ただしいお店をあえて手出しせずに、

グッと我慢し、眺めていたら、新しい発見!!  ありましたッ!!

そう、まるで、機内で働くキャビンアテンダントの様に……(^^)

いくら忙しくても、常に慌てず優雅に、そしてしなやかにお客様の満足のために

身を子にして尽くすこと、あの感じを目指したい!!

そう思えた。

「 笑顔が一番!」 いい時もそうでない時も、暇な時もそうでない時も。

常に笑顔でい続けることの難しさとだからこその 必要性。

本を読んだり、他を見たり聞いたりして、いつでもどこでも常に自分をアゲル方法を

知り、身につけたい!!

こんなに一生懸命頑張るスタッフがそばにいるー☆

彼等が心の底から幸せそうな笑顔の中で楽しそうに働き、成長していく。

そんな店に、なろうと強く想うことができた、

Uサンからいただいたメッセージに感謝!!の1日。

ありがとうございます。

「 天の期待している事を私に実現させてください。 」

そんな言葉が身に染みる。  本当の使命に生きたい!!

テル