修理の流れ ( GW 編

ゴールデンウィーク2日目。

ナゼか、今日はマーク・ジェイコブスの修理が多い1日 (笑) 

と、もひとつ。

クロック(特に、壁掛け時計) の修理相談が多かったかな  (´∀`=)//

ナゼこんなに、同じモノがモノの見事に … 勢揃いする程、重なるんやろかぁ〜(笑

いつものことながら、ほーんと不思議ッ((^^);;

まっ、相変わらずですが、「 不思議は詮索しないッ 」てことにしておきましょうか(笑)

こちらのマークジェイコブスは、電池交換と革ベルト交換をさせていただき、

ピカピカ元気なって、持ち主様のお手元に帰って行きました((o^^o)/

そんな光景を見ていると、やっぱり昔ながらの街医者を想い出しますッ。

熱も、腹痛もそれに怪我も、それこそかゆみやかぶれすらも、いつだってなにかあれば

その先生に診てもらっている……  そんな感じ。

そんな街医者の様なお店が名駅の中にあるなんてなんかイイッ!! と勝手に思う〜〜(´∀`=)//


クロック、といえば置き時計や掛け時計などの、総称。

このご相談は 壁掛け時計。とっても施しが素晴らしく、ステキなデザイン!!

動かなくなったの子が、修理という名のもとに、ムーブメントの交換をされて、

元気良く動き、チクタク時を刻み始めました〜〜。

な、なんだか嬉しい〜〜( ^ω^ )//

日々目の前で起こる、小さな小さなそういう奇跡たち。

当たり前は、当たり前でなく、有り難いこと。有り難いことは、奇跡ってこと。

小さな奇跡に感謝して過ごそう〜SHALOM(シャローム) ー☆

テル