仕事原論

少し前に手元に届いた林 修の 「仕事原論 」という本。

さすが予備校のしかも現代文講師。とうなずける。

知識教養のない私にも、読みやすいはじまり。

「仕事といかに向き合うか。」

*好きか嫌いか、できるかできないか

*やりたくない仕事を全力でやると、やりたい仕事に近づく

*一流を目指すことから全てが始まる

*自分の仕事のどこにプライドを見出すか?

*運が縁を呼び、縁が新しい運を呼んでくれる

誰にでも、そのレベルに合わせて、落とし込みがしやすそうな、

ひとことひとことが、とても分かりやすい言葉のチョイス。

読みやすく、ストンストンと言葉が腑に落ちていくのが分かります。

ここまで心地よい、読書。 久しぶり!!

もちろん誰にでも100%ではないのかもしれません。

たまたま私にとって、ちょうど今。

この本を読む、という。 そういうタイミングだったのでしょうか。

ずっと「運がイイ」「ツイテル」と独り言の様に毎日呟いてきました。

その「運」が、モノや人との出会いという「ご縁」を次々に運んできて

くれます。

いただいた「ご縁」によって、また更に運が良くなる〜。

日々、色んなことがありますが、「考えることもまた楽し!!」

林 修さんの「仕事原論」〜壁を破る37の方法〜

よかったらオススメです!!

てる