一切なりゆき

樹木希林さんの生前のお言葉が綴られた本「一切なりゆき」を手にしました。

そして少しずつ読み進めている最中、その日に感じたことと、

ちょうど読んでいたページが、「偶然と言う名の必然?!」の様に、

ピターッとシンクロしたのでご紹介。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「一生にも二生にも三生にも」

私の場合は特に生と死に関して境がない様な感覚があるんですよ。死が特別違い形に

なるという感覚がなくて。

お経の中に「一生にも二生にも三生にも」という言葉があるんですね。何だ、

一生じゃないんだ、また二生もあって、三生もあって、人間はいろんな

試練や出来事に遇うという。だったら何も今生をここからここまでと決めずに、まぁ、

今生はこういう顔をして生まれてきたけど、つぎはまた違う姿かもしれないし、

魂の着せかえ人形じゃないけど、さほど「私の最期」と考えなくてもいいなと

思ったりもするんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コレと同じ様な意味合いの言葉を、聞きました。

そうですよね、きっとそう…。

今生の卒業が全ての終わりではない。呼吸をする身体がなくなっても、

その想いは無くならないし、存在は消えない。

であれば、

やらなきゃ、何とかしなきゃ、コレじゃダメだ、あれもダメだ、なんて事は

何もない!!

「人の人生一度きり」とも言うけれど、できなくても、やらなくてもOK!

今生の一生をかけて知って、二生でようやく分かって、三生で行動にうつしたっていい。

そんな風に想えば、自然と肩の力がスッと抜け、「いい頃加減」になりそうだ。

そんなコトを今更ながら…。

そんな事あれこれ思いながら、諸用をこなすために地下鉄に乗って出かけたら、

駅のホームでポスターの笑顔にビビビッ!!

穏やかな笑顔は、人の心を温める♡

いつも笑っていたいと、心から想った。

ありがとうございます。

てる