ロレックス(1950年)

爽やかな青年から、アンティークROREXの革ベルト交換のご相談をいただきました。

「この時計のベルトを変えたいけれど、どうしたらいいでしょう」と。

サイズは19mm、尾錠幅は16mm。

このサイズはそもそも少なく、既成ベルトメーカーのものの中には

種類やお色がとっても少なく、黒と茶ばかり…。

青年はとてもスマートで腕回りも細身。という事でオリジナル尾錠の

幅16mmに合わせて18mmの革ベルトをご提案させていただきました。

文字盤のお色が優しいアイボリーと薄いグレーのコンビ。

アンティーク時計を、お洒落なお召し物に合わせて爽やかな青年が使うのであれば、

とあれこれ想いを馳せ、薄いベージュと薄いグレーの革ベルトを見ていただきました。

オーストリア「ヒルシュ」のオシリスシリーズ(ヌバック仕上げ)の

グレー。「コレ、かわいい」コレで決定!!

服装スタイルにも、青年の雰囲気にも、もちろん1950年のROREXにも

ピッタリ!!とってもいい感じに仕上がり、お持ち主様も、にっこり笑顔。

大変気に入ってくださいました。

「また是非次も選んでください」なんて、嬉しいお言葉をいただき、

その上、おかえりの際の後ろ姿が喜びいっぱいのように映り、とっても嬉しい瞬間でした。

それにしても素敵でした。

ご感想をお聞かせ頂けるのが楽しみです。

てる