メンテナンスの必要性

時計修理屋を始めてこの14年ほど、

「時計の修理やメンテナンスの必要性をどう伝え、広めてゆくか?」

という、業界の課題についてあれこれ思う毎日。

お話の中で、時計を車や機械製品に、革ベルトを洋服やネクタイ、

店を病院に例えたりしてイメージしやすい様な伝え方や言葉を考え、

あれこれと妄想。

我ながら、ここのところその想いが強くなっている様に感じる。

5日火曜日は、朝から愛車の凜と共に、三重県へと出かけた。

そう、終日どっぷり「自己メンテナンス」。

改めてメンテナンスの必要性を、身をもって体感させていただいた。

一日がかりの 自己メンテナンス。

予定外のお誘いを受け、夜は気の合う女子2人と共に「鈴鹿の森庭園」 へ。

とにかく美しい梅の花が一面に咲き誇り、フワリと漂う甘い梅花の香り。

手間暇かけられ仕立てられた日本最古の梅を始め、約200本の名木達が

鈴鹿山脈の麓で一斉に咲き誇る雄大な光景に感動しました。

身も心もメンテナンスされた気分♡

モノも人も何もかも、全てにメンテナンスが必要の様だ。

かけただけの手間暇が、結果に繋がる。

メンテナンスの必要性を広げる活動に必死になる前に、自分自身が関わる全てを

大切にしてみよう。

全てのご縁にありがとうございます!

てる