マサダの砦

イスラエルの旅4日目。

イエスキリストが洗礼を受けたヨルダン川、そして

イスラエルが滅びる事となったマサダの砦などに行かせていただきました。

砂漠、というか荒野……。

最期丘の上で、沢山の人々が長い間自給自足で過ごし最期に決意を持って

殺し合い、最後に残った1人が自らを殺す。という

なんとも悲しい結末を迎えた「マサダの砦」が、

いまだそのままカタチを残している。

その場所に立ち、とても不思議な気持ちと、ここに吹く風がなんだかとても新鮮で、

タイムスリップでもしたかのように思えました。

コレは、こうしてココまで来たから感じルことのできた想い。

体感しないとわからない事、てあるんだなぁ〜。

感じた事、思った事、そんな「なんとなく」奥底から湧き上がってくるもの。

を楽しんで生きたいと、心から思える時間。

本当に感謝いっぱいの旅。

お店の事はスタッフにお任せし、まだしばらく旅が続きます。

明日は私、何を見、何を感じるのでしょうか。

そんな事を死海を眺めながら感じる夜。

ありがたい事ですー☆


テル