マイムマイム

イスラエルの旅5日目。

イスラエル建国の父、D・ベングリオンが最期を過ごした場所へ、

導かれました。お墓参りもさせていただきました。

砂漠の中にある泉まで灼熱の中を歩く。

という……なんとも貴重な体験、をさせていただきました。

砂漠、と言っても鳥取砂丘のような砂ではなく、荒野、と呼ぶべきかもしれません。

もちろん日影もなく、ただただ広がる石ころや岩がゴロゴロと転がる荒野。

歩き続けて奥の、その奥に現れた泉。

そこは、沢山のヤゴが泳ぎ、少しの緑が育ち、その中を赤とんぼ達が戯れていました。

歩き続けて荒野の片隅で泉を見つけた際、

「うわ!水だー!!水!水!水見つけたぞー*\(^o^)/*」

当時、この地で流浪し歩き続けるなか、この泉を見つけた人々は、

間違いなく、歓喜の声をあげたことでしょう。

その喜びの唄が、かの有名な「マイムマイム」

運動会などの際、意味も分からずフォークダンスで踊らされていた

あのマイムマイム。

マイムとはヘブライ語で「水」という意味だそうです。

マイムマイムマイムマイム マイムベッサソン♪とは、

水、水、水、水、水やん!!めっちゃ嬉しッ!!

という意味(笑)

水水言うても、水の豊かな日本人には当たり前にしか感じない…。

ココで体で感じ、始めて水が豊かであるありがたさを痛感できました。

いつか、マイムマイムを踊る機会があるとすれば、私は間違いなく歓喜に湧く

人々を想像して踊ることだろう。

自分の人生とは無関係だと思ってきたイスラエルが、実は生活の一部となり、

知らぬ間に、どこかでかかわってきたのだと知り、

世界はひとつなんだな。と感じることで何かが見えてきたように思えます。


この荒野に街を作り、年々、緑豊かな国になっていっている。 と聞きます。

それを建国の理念にし、国を作られた方、Dベングリオンの

お墓に手をあわせハティクバと君が代斉唱することもできました。

イスラエルの生き方スタイルが、とても素敵だと思えました。

今夜はベレシートに泊めていただき、

明日はイスラエルからヨルダンに入国します。

どんなことを感じる日になるのか、と思うとワクワクドキドキします。

テル