ハンドメイドの時計

ここのところ、木製の時計やハンドメイドの時計に良く 出逢う  (笑)

ケースがステンレス以外でできているものは、強度がさほどなく、

汗水にも弱く、全体的な耐久性が低い…。

これらを電池交換したり、修理したり、する時は、ひと通りリスクを

お話をお話しさせていただいてから、作業に入らせていただく。

あまりリスクばかりをお話する のは不安を掻き立ててしまうだけで…

どうなのか…とも思うし、

できて当たり前みたいに思わせてしまうと、後でガッカリ、

なんて事も…。

修理前にお伝えする事、てアレコレあるけど、

ドコまでドウ、ドノテイド、お伝えするべきか?!

これは、13年店の営業をしていても、未だに日々の課題です。

「見積もり」と「完成」もそう 同じ事が言える。

修理に入る前、先ずは一番に金額や納期を知りたい。それ、て 当たり前のこと。

でも修理は新しい物を買うのとは違うから、実際にやってみないとわからないところもある。

それもまた、当たり前。       さぁ、どうする?! て…。

話を元に戻そう。

上の写真の様な、この手の時計の場合は、ケースが柔らかい素材でできているために、

電池交換の際に工具を当てる傷跡が非常に残りやすい!!  とは言うものの、

今回はとっても綺麗に☆〜   跡も残らず仕上げられました〜 (^^)v

でも…

本当に、時々どうしても 跡が残ってしまう時も、あるんですよ〜。

なぜだか、なんだか、昨日は、そんな…。

お客様に伝えること、伝えないこと、

そして伝えるとしたら、伝えるタイミングと、その伝え方。

について、色々な事を思いながら過ごしましたよぉ〜〜。

43年来の幼馴染が会いに来てくれ、久しぶりに色々深いお話しをしたから かな。

なんだかいろんな事が、シンクロ二ティでつながっている様です。

今ナニをすべきか、ナニをしたいのか?!

アンテナ立てて良く考えよう!!

SHALOMー☆

てる