クロックの修理

ここのところ、小さな時計屋のバックヤードには陶器のクロック達が

沢山入院している。

長いことお部屋の一部となり、そこで

そこに住む家族とともに時を刻んできた時計達。

そう想うと、 なんだか今のバックヤードには沢山の愛が溢れている

そんな気がしてくる。

陶器製のクロック。

素材そのものが壊れやすくデリケートで、針が向き出しになっているため

誇りや湿気、乾燥に影響を受け、梅雨時に不具合を起こしやすいのかもしれない。


できるだけ湿気のこもらないところに、そして直射日光の当たらないところに、

かけていただくことをオススメしています。

そうは言ってもすでに調子を崩してしまっている時計達。

クロックの場合ムーブメント内のパーツがプラスチックなどで

できているモノが多いのもあり、一度不具合をおこすと

もとには戻せない。

こうなると、ムーブメントごとの交換によって時計が復活することとなる。

 早くこの子達が元気に時を刻み、持ち主様家族のもとに

帰れるといいなぁ〜 (*´∇`*)/

そんな事を想いながら、本日はちょいと諸用あり、

鎌倉まで行ってまいります〜

SHALOMー☆

てる