カーボンベルト

フレデリックコンスタントの時計ベルト交換のご相談をいただきました。

遊環と呼ばれるベルトを留めるワッカ部分が壊れるからしっかりしたものを、と

のお声で迷わずドイツ🇩🇪ディモデルのウォータープルーフをオススメさせて

いただきました。

ワッカ部分や裏までしっかりとミシンでステッチが入り、とても

縫製が綺麗。強度あるカーフベルト。

気に入ってはいただきました。

が、普段お使いいただいているお持ちの手帳が、ブラックカーボンの赤色ステッチ…。

と知り、ディモデルのJUNBOを自らオススメしておきながら、即刻訂正。

「自らオススメしておきながらごめんなさい!こちらにされませんか?」

オーストリア🇦🇹ヒルシュのカーボンシリーズのレッドステッチに推奨変更

させていただきました。

美しいほどの綺麗で繊細な施しのある白文字盤に漆黒の効いたインデックス。

これにカーボンブラックを合わせると、文字盤がとても生え、いい感じ♡

しかも、手帳とお揃いで、めちゃくちゃカッコ良い!!

これからきっと、お打ち合わせや会議、予定を入れるのだってきっと

楽しくなるのでは?!

時計ベルトは、靴や髪型以上に、常に自分の視界に入ります。

だから大切!!最も大事かもしれないとさえ想う。

気持ちもモチベーションもアガります。

きっと、連休明けのお仕事に行くのだって楽しみになるのではないかな〜

なんて想像すると、こちらまで楽しくなります。アガリます!

連休初日もたくさんのお客様にベルト選びをいただきましたが、

このフレデリックコンスタントが何と言っても印象的でした。

お客様が、ベルト交換や時計修理を終えた時計を手にし、ニコリと

笑顔をくださる瞬間がとっても幸せです(^-^)♡

あーーーー幸せ!!

ありがとうございます😊

てる