オーバーホール−後半

OMEGA  Speedmasterのオーバーホールの作業工程

の後半のご紹介です。

興味ある方はどうぞ(^-^)/  

    
   
コレで作業はひととおり完了!!

洗浄済みのケースにムーブメントを戻し、ベルトを取り付けて

仕上がり!!

ワインディングマシーンにかけ4〜5日ランニングテスト。

その結果精度に問題なければ、

機械測定をさせていただき平置き、12時下向き、リューズ下向き、

の三方向での精度チェック。

コレで問題なければ持ち主様に完了のご連絡をさせていただきます。

オーバーホールの作業工程はもちろん時計によって多少違いも

有りますが、

普段見る機会の無いところを見ていただけたのでは無いでしょうかー☆

皆様からお預かりさせていただいた大切な時計は、

誠意を持って、ご対応させていただいています。

健康な状態に復活させて持ち主様にお渡しるよう、

これまでも、もちろん これからも 、精一杯 頑張らせていただきます。
テル