オロビアンコの革ベルト

この秋の東海地方は、紅葉の始まりから暖かい晴天に恵まれ、
紅葉の見頃が長くとても綺麗だったなぁ〜

IMG_0466.JPG

大好きなイノダコーヒーさんの裏庭。
あまりにも綺麗だったので皆様にもおすそ分けッ(^-^)

秋の連休最終日の今日、
あるお客様からオロビアンコの革ベルト交換のご相談。
ピンクゴールド色のトノー型ケースに濃紺(ネイビー)に白色の
ステッチの入った革ベルト。
「 ステッチがあるのでカジュアルな雰囲気なのが気になる。」
とのご相談。
とてもいい感じではあるけれど、確かにカジュアルな雰囲気で、
お客様の雰囲気とは少し……違う気が。
ご希望を伺うとネイビーか黒で、との事なので似合いそうなものを
ご提案させていただいた。
イタリア モレラート「 ボーレ」のネイビーとブラックを、
色白の細腕にブラックは少し重い、とネイビーをチョイス。
気に入って頂き取り付けはさせて頂きお会計を済ませたものの……。
少しお悩みに…

一応、あくまでも私からのご提案のひとつと思い、
同じ「 ボーレ 」のダークブラウンをお出ししてみた。
「ピンッ!(^-^) !」
お客様のお顔が明るくなったのが見てとれた(#^.^#)

「これイイ!」と気に入って頂いたので、
ネイビーからダークブラウンにお色の変更をさせて頂いた。

時計はベルトひとつで全く表情を変える。
だからこそ、持つ方のお好み、時計が引き立つ色や質感、
全身コーディネートのうちのひとつ、として革ベルト選びが
どれだけ必要かと、改めて実感する週末。

あの素敵な雰囲気を持つお客様、
その後笑顔でご使用頂けているかなぁ〜。

又ご来店を頂けることができたら、感想を聴かなきゃ(笑)

IMG_0489.JPG