イタリアのモノづくり

 取引先のジュエリー職人様にお声がけをいただき、

あるセミナー講演に出席させていただきました。

講師は、ブルガリの専属デザイナーを長年された後、

昨年帰国されたばかりの安藤 創様。

日本とイタリアの人の感覚、感性の違い。それに、デザインがなぜ日本とイタリアと

こうも違うのか。なんてことを分かりやすくお話し下さいました。

イタリア人は、良くも悪くも身勝手でワガママ。

プロダクトアウト、商品の企画開発において作り手の論理や計画を最優先。

作りたいものを作る!美しさ、カッコよさ、新しい!そういったことが最優先されるそうだ。

つけ心地や作る工程なんかを考えたりは一切しない。

つけ心地を求めるのなら何も身につけない!!これが一番!と考えるそう。

だからあの斬新な、つけ心地の良くないジュエリーができるんだー☆なんて、

納得ー(^^;;   要するに、身勝手は社会悪ではない!て事。

一方、日本人は、身勝手は社会悪と捉えることが多い。

作る工程に携わる人のことや、実際に使う人の使い心地やメンテナンスの事まで

気遣う訳で…(#^.^#)ここまで感覚が違うとそりゃ違うモノができるはず。

そんな事を想わされました。

コツコツと商売にする日本と、商売気よりも芸術性を求めるイタリア。

面白いほどウラオモテ。

私の知っている事だけの狭い世界の中で、なんでも自分が普通と捉えがちだけれど、

実は自分の感覚なんてあくまでも自分だけの感覚であって、

自分の普通がみんなの普通とは限らないんだなーと、改めて思えた。

どちらが好きかはこれもまた自由。

私は背伸びしてオシャレにするよりも、より裸に近い楽チンさと、

使用感の良さが優先かな〜  だから国産が好きッ  (^^;;

違う感覚の誰かの気持ちを知る事で、また自分の中に新しい世界が広がる。

モノづくりの根源。根っこの部分を覗き見た様な時間をいただきました。


少し先の事ですが、9月には日本の、東海のモノづくりの職人展が開催されるそうです。

同じ職人と言っても様々な職種。

友禅、絞り、帽子に麺。左官や建具、扇子に仏壇、貴金属時計はもちろん

写真や楽器。東海の職人大集合らしいです。

体験や、実演などのイベントもあるそうです。

興味おありの方はチェックなさってくださいッ(^-^)/

明日からまた新しい自分でいけそうな気がします!!

ご縁にただただ感謝ですー☆

テル